卸売業のリスクと保険加入

自社倉庫内の在庫の配送中の事故や天災による破損。社員の運送中、荷積み、荷下ろし作業中の怪我。卸した食料品の異物混入、食中毒など賠償請求への対応。輸送用の車の管理と事故への対応、保険料の高騰などへの対策が想定されます。

倉庫内や輸送中の在庫の事故や天災へ対応

事故例として、

  •  台風で倉庫内の在庫品がダメになった。
  •  配送中、自損事故で荷物をすべてダメにした。
  •  落雷で倉庫内の設備がショートして修理した。

などが考えられます。在庫リスクや天災に備え、

  •  業務災害保険
  •  労働災害総合保険
  •  傷害保険
  •  使用者賠償責任保険

をカバーできる保険商品の加入が必要です。

社員の労災事故への対応

事故例として、

  •  フォークリフトで積込み作業中にパレットが崩れ下敷きになった。
  •  倉庫に積まれていた資材が倒れて、作業員がケガをして会社を訴えてきた。

などが考えられます。社員の労災事故リスクに備え、

  •  業務災害保険
  •  労働災害総合保険
  •  傷害保険
  •  使用者賠償責任保険

をカバーできる保険商品の加入を検討ください。

卸した食品への異物混入による身体障害やリコール

事故例として、

  •  配送中に卸した食品に異物が混入しリコールした。
  •  卸した食品が原因で食中毒を起こしてしまった。

などが考えられます。卸した商品に対しての保険として、

  •  事業総合賠償責任保険
  •  生産物品質保険

をカバーできる保険商品の加入が必要です。

自動車保険の保険料の高騰

事故例や問題点として、

  •  特定のドライバーによる事故が多く発生している。
  •  事故発生後、保険を使用しすぎて保険料があがってしまった。
  •  ドライバーへの安全講習会を実施できていない
  •  自社の業務診断を検証しておらず、毎年同じ問題を抱えている。

などが考えられます。卸した商品に対しての保険として、

  •  事業総合賠償責任保険
  •  生産物品質保険

をカバーできる保険商品の加入が必要です。

卸売業の保険加入ご相談を承ります

お客様の事業内容によって、加入すべき保険の種類は様々です。

当社では長年の経営で培ったコンサルティング能力を活かし、
お客様の抱えるリスクに対して数ある保険商品の中から適切な保険商品をご提案いたします。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

資料請求はこちら