飲食業のリスクと保険加入

提供した食品での食中毒の発生による賠償事故による利益減少やリコール対応。長時間労働、ワンオペなどが原因の労災事故や労災訴訟。店内設備の損害や賃貸物件に対する貸主への賠償と天災時の復旧までの営業利益減少への対応などが想定されます。

食中毒や怪我など第三者への賠償責任

事故例として、

  •  提供した食事が原因でサルモネラ中毒が発症した。
  •  配膳中に誤ってお客様にコーヒーをこぼして火傷をさせてしまった。
  •  食中毒が発生し、保健所の指導で休業を余儀なくされた。
  •  持帰りで販売した食品から異物が見つかり販売したものすべてを回収した。
  •  店内設備から漏水して、階下の天井、壁を汚損させてしまった。

などが考えられます。食中毒や怪我などのリスクに備え、

事業総合賠償保険
企業賠償保険
生産物品質保険

をカバーできる保険商品の加入が必要です。

社員の労災事故へ対応

事故例として、

  •  店長が長時間労働による過労で寝たきりになった。
  •  従業員が包丁で指を切って休業した。

などが考えられます。労災事故に備え、

  •  業務災害保険
  •  労働災害総合保険
  •  傷害保険
  •  使用者賠償責任保険

をカバーできる保険商品の加入をご検討ください。

店内設備や賃貸物件への対応

事故例として、

  •  店内の設備が落雷で壊れて休業し設備の修理をした。
  •  閉店後、店内の現金が盗難にあった。
  •  店内で火災が発生し、借りていた物件を現状復帰させた。

などが考えられます。店内設備や賃貸物件へのリスク管理として、

  •  火災保険
  •  借家人賠償保険

をカバーできる保険商品の加入が必要です。

飲食事業、法人の保険加入のご相談を承ります

お客様の事業内容によって、加入すべき保険の種類は様々です。

当社では長年の経営で培ったコンサルティング能力を活かし、
お客様の抱えるリスクに対して数ある保険商品の中から適切な保険商品をご提案いたします。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

資料請求はこちら